BLOG

2018/10/24 11:38

こんにちは!輸入子ども服セレクトショップ・LITTLE CAMDEN(リトルカムデン)の岡田です。



昨日は路面店を臨時休業にし、ファッションワールドへ行ってきました。



1番の目的はこの偉大なデザイナーの講演会です。





高田賢三さん。言わずと知れたKENZOのデザイナー。


2000年にKENZOから引退されましたが、ここ最近KENZOはまた流行ってますね。当店でも実は子ども服を取り扱いしてます。


ちょっと話ずれますが。。。私、NHK朝ドラでやっていた「カーネーション」が大好きなんですよ。コシノ3姉妹のお母さんの話で、尾野真千子さんがめちゃめちゃ素晴らしかった。


今夕方から再放送していて、尾野真千子さん演じる糸子が洋装店を立ち上げ3姉妹を育てながら奮闘している姿は勝手ながら自分と被るわけです。(まぁうちは3姉妹ではなく兄弟妹ですけども)


物語の糸子が若い頃は戦争真最中で今とは全く時代も違います。自分と重ねるのも恐れ多いですが、糸子のガッツと情熱と強さにはものすごく心打たれて響く言葉が多いのです。



物語が後半に入り、糸子の娘達の真ん中の直子(コシノジュンコ)が文化服装学院に入学し、出会う友人がまさに高田賢三さん。役名ちょっと忘れました(笑)


実話なので、この話は私ももちろん知ってました。コシノジュンコさん、高田賢三さん、金子功さん、松田光弘さんの4人が文化服装学院の花の9期生というのはファッションを志した者はみんな知ってる有名な話だと思います。


かなりかなり昔にそのスペシャルドラマでは、高田賢三さん役が石田純一さんだった(笑)


脱線しましたが、もう日本のファッション界のレジェンドですよね。


その方の話を生で聞けるという機会もなかなかないということで、受付の時点でめっちゃ行列。広い会場が満員御礼で、私は運良く5列目くらいの真ん中の席で話を聞くことができました。



話の内容を全部細かく話してもキリがないので省きますが、高田賢三さんが今の日本の若者に言いたいことは



「もっと世界を知ろう。自分の目で見て、自分の足で世界に行こう」



ということ。


今の若い子達は日本から出たがらないし、狭く深く生きようとする。それは悪いことではないが、もっと世界は広くて素晴らしい。



インターネットで世界と繋がれる世の中だけど、ネットでみる世界と自分の目で見る現実は全然違う。



若い頃に1人でパリに渡り、様々な経験をしてお店を出し、ファッションショーをやり、大成功をおさめた裏で相当苦労もされてると思います。



「それでも好きなことしかやってなかったから、楽しかった」とおっしゃってました。



あー私が言いたいことはこういうことだなと、また勝手に自分と重ねてしまったのですが、私がお店をやっている理由もまさに子ども達に世界の素晴らしさと広さを知ってほしいのと、可能性はいくらでもあるということです。



情報がありすぎる世の中なので、「これをやったらこうなる」というのが想像できるからやらない。



そんな人生おもしろいか?



私には全くおもしろいと思わない。



私は43歳のおばちゃんですけども、国境を超えてイギリスの方達とお仕事できることが楽しくて仕方ないし、知らないことがまだまだありすぎるから知りたくてしょうがない。



まぁ私のことはいいのですが、とにかく高田賢三さんのお話は本当に素晴らしかった。



挑戦することのワクワクさを忘れない歳のとり方をしたいですね。



もっとたくさんのキッズに喜んでもらえるように頑張ります。



非常に長くなりましたが(笑)本日LITTLE CAMDENは営業してますよ!!明日木曜日は定休日です!



LITTLE CAMDENのホームページはこちら☆

https://littlecamden.jp/

 

☆LITTLE CAMDEN on line shopはこちら☆

https://shop.littlecamden.jp/


☆Instagramのアカウントは、littlecamden.jpです。

InstagramからBASEショップページにもリンクしています!